こんにちは、ニシムラ(@nissy421)です。

7月4日水曜日は、文京区でクラブの練習に参加してきました。

ゲーム練習中心で、結果は1勝3敗。

ボロ負けですが収穫もありました。

ゲームの中で3球目の練習ができた

前回の練習で、サービスにばかり頼った戦い方では一向に上達しないということに気づいたんですね。

ゲーム練習で目先の勝ち負けよりも大切なこと

だから今回は、勝負どころ以外ではぶつ切りの下回転サーブを封印。

サーブはほとんどフォア前に順横上・横下に限定して3球目のドライブを練習することができました。

順横系のサーブに関しては、イマイチ回転をコントロールしきれていない感じで、思っているところと違うところに返ってくることもしばしば。

それでもコースを限定して3球目を打つことを前提にサーブを出していると、やっていくうちにだんだんとコースをつく余裕も。

下回転サーブがないと極端に弱くなるんじゃないかと心配していたのですが、前回敗れた選手にも勝利できたし、エースが取れないかわりにラリーの展開で得点できていたのでいい練習になりました。

相手の攻撃に反応できなかった

レシーブに対する苦手意識は相変わらずなのですが、その後が良くないですね。

自分がレシーブした球を目で追いかけて相手の様子を見ていないために、攻撃に対してまるで反応できませんでした。

ブロックしようとしても、ボール2〜3個分むこうをノータッチで抜けていきます。

技術の低さ以上に、予測スピードの鈍さが際立っていますね。

予測を立てるためには、相手をよく観察すること。

レシーブにしても、相手コートをぼんやりと見ているからうまく対応できないんですよね。

今後の大きな課題です。

まとめ

自分があまりに弱すぎて歯がゆいです。

全国大会出場を目標に掲げておるわけですが、県大会はおろか、クラブ内ですらほとんど勝てないのが今の自分の実力。

しかし、できないことを15年のブランクのせいにするのは簡単ですが、過去の自分と目の前のライバルの強さを比較する方法など存在しません。

後ろを向いて後悔したり無意味な妄想を繰り返すより、現状の課題を受け止めてひとつずつクリアしていくしかないんですよね。

ともかくなるべく毎日ラケットを握りましょう。