偶然写り込んだ通行人にPixlr Editorでモザイクを入れる方法

このページでは、Pixlr Editor(ピクセラエディタ)を使って、偶然写真に写り込んでしまった通行人にモザイクを入れる方法をご紹介する。

通行人

上の画像のように、街の風景写真を撮ったとき、通行人の顔が写り込んでしまうことがある。

多少は仕方がないが、あまり目立つようならプライバシーに配慮してモザイクをかけたほうがいいだろう。

あとは自分の身の回りの写真でも、個人情報に関わるモノが写り込んでしまったり。

そんなときに使える小技が今回のモザイク処理だ。

偶然写り込んだ通行人にPixlr Editorでモザイクを入れる方法

まずは、”コンピュータから画像を開く“を選択して、モザイクを入れたい画像を選ぶ。

Pixlr Editorで通行人にモザイクを入れる方法
「コンピュータから画像を開く」を選択

画像を選んだたら、画面左のアイコン群の中から、”一列選択ツール“を選択する。(上から2段目左のアイコンだ)

Pixlr Editorで通行人にモザイクを入れる方法
「一列選択ツール」を選択する

一列選択ツールを選択したら、モザイクをかけたい場所でマウスを左ドラッグ。

ドラッグしたままマウスを動かして範囲を決め、ドロップする。

Pixlr Editorで通行人にモザイクを入れる方法
モザイクを入れたい部分を選択する

モザイクの形は、そのままだと正方形になっているが、長方形楕円形に変えることもできる。

Pixlr Editorで通行人にモザイクを入れる方法
長方形や楕円形のモザイクも選べる

範囲を選択したら、画面上部のタブの中から”フィルター” → “ボックスぼかし“を選択する。

Pixlr Editorで通行人にモザイクを入れる方法
ボックスぼかしを選択する。

ボックスぼかしを選ぶと、モザイクの強さを決める画面が出てくる。

Pixlr Editorで通行人にモザイクを入れる方法
モザイクの強さを選ぶ

好きなモザイクの強さを選んでOKを押せば完成。

Pixlr Editorで通行人にモザイクを入れる方法
完成図

少し手順が多いが、慣れれば30秒でモザイクを入れることができるので、ぜひお試しあれ。