ITエンジニアを目指す本当の理由/ガッキーと結婚したい/インフラエンジニアの種類と資格

そういうわけで(昨日のつづきです)、ボクは昔からコンピュータが大好きだったし、だからこそITエンジニアを目指すことになった。

でも、ITエンジニアを目指す本当の理由は、実は別のところにあったりする。

ボクは、新垣結衣さんの大ファンだ。清楚で、かわいくて、透明感があって、彼女が画面に映るだけでニヤニヤしてしまう。もちろんガッキーが出演しているドラマや映画は、くまなくチェックしているし、それについてはブログでもまとめている。

逃げ恥だけじゃない!新垣結衣が可愛すぎるおすすめドラマ超一覧! |

昨年、ガッキー主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が大ヒットした。星野源演じる津崎平匡と新垣結衣演じる森山みくりが契約結婚をするというストーリーは斬新で、くっつきそうでくっつかない二人のピュアな恋愛模様にずいぶんやきもきした。

平匡の仕事は、ITエンジニア(SE)だ。家事手伝いを雇えるほど稼いでいて、しかもあんなにキレイな女性と知り合えて。もしかしたらボクもワンチャン、ガッキーと結婚できるかもしれない。サイコーじゃまいか。要するに動機は単純で、金であり、女なのである。

何を馬鹿な妄想をと言われるかもしれないが、いくら高尚な理屈を並べたててみても、実際はみんなそんなものなんじゃないだろうか。

もうひとつ、ドラマの中でインフラエンジニアという言葉をはじめて知った。平匡の同僚である沼田の職業である。沼田はドラマのキーマンで、「サーバーを破壊するぞ」と社長を脅すなど、会社を裏で操るフィクサーのような存在だ。

インフラエンジニアというのは、ITのインフラ、つまりサーバーやネットワークを作ったり、守ったりする縁の下の力持ち的な仕事だ。特にサーバーを扱う人をサーバーエンジニア、ネットワークを扱う人をネットワークエンジニアと呼ぶ。インフラ系SEと言うのは、インフラエンジニアを束ねたりプロジェクトを管理する人のこと。

ITエンジニアというとプログラミングを書いてシステムやアプリを開発する人というイメージがあるが、システムやアプリを動かすための環境を作るのも、ITエンジニアの仕事なのだ。ITエンジニアにはほかに、企業に出向いて修理などを行うフィールドエンジニアなんていう仕事もある。

平匡や沼田は自社のITエンジニアだったが、IT系の仕事は、会社単位よりもプロジェクト単位で動くことが多い。SIer(エスアイアー、システムインテグレーター)と呼ばれるシステムの企画から開発、運用まですべてを担う会社が、企業から「こういうシステムを作ってくれ」という仕事を請け負ってプロジェクトを立ち上げる。そのプロジェクトのために自社や人材派遣会社、グループ企業などからITエンジニアが集められて、プロジェクトを遂行していく。そして、プロジェクトが終わるとエンジニアも解散する。

同じ場所で働き続けることが苦手で飽き性なボクは、こういう働き方にも魅力を感じている。

ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアには、いくつか資格がある。まあ資格は必須ではないし資格と実務はまったく別物なのだそうだが、知識の証明になるので仕事を受けやすくなる。

まずネットワークの資格は、CCNAやCCNPがある。Ciscoという企業の民間資格(ベンダー資格)だ。一般家庭のルーターでもよく使われているが、ネットワーク=Ciscoと言われるくらいCisco社の製品が普及しているので、Cisco社の製品知識がそのままネットワークの知識となる。

ただし、受験料がちょっと高い。1つとるのに3万円ほどかかる上、有効期限は3年。文句を言っても仕方ないが、資格というのは本当にいい商売だと思う。

サーバーの資格は、LPIC。LPICとは、LINAX技術者認定試験のことだ。こちらはベンダー資格ではなくて、LINAXと呼ばれるOS(WindowsとかMacみたいなもの)の知識や技術のレベルを測る。Level1から3まであって、有効期限は5年。LPICも受験料は3万円。CCNA(CCNP)やLPICはCBT試験(パソコンで受ける試験)なのでいつでも受験することができる。

最後に、基本情報技術者試験。これは国家資格だ。ITエンジニアの登竜門的な試験で、インフラ系だけでなく、C言語やJAVAなどのプログラミングの知識も問われる。試験は年に2回、4月と10月の第3日曜日に開催される。国家資格なので受験料は5,700円。これで安いと思ってしまうから資格は恐ろしい。

基本情報技術者の上位資格に応用情報技術者試験というのもあって、平匡は両方とも取得している。さらに上級資格のデータベーススペシャリストも持っているので、彼は相当ハイスペックな人間だったようだ。

ちなみにこれらの資格の勉強をするなら、Ping-tというWebサイトを活用するのがおすすめだ。

CCNA/CCNP/LPIC/HTML5/オラクルマスター/ITパスポート/ITILファンデーション総合学習サイト

無料の問題集や、質問したり学習の報告をする掲示板などのコミュニティもあるので、同じ目標を持った仲間と一緒に合格を目指すことができる。

TOEICで高得点でも英語を話せない人はいるし、CCNA/CCNPやLPICを取ったからといって即仕事ができるようになるわけではない。でもキャリアを積む上でペースメーカーにもなるので、どんどん上位資格を目指していきたい。

————————–
ニシムラ・ケイイチの詳しいプロフィールとお問い合わせはこちらからお願い致します。
お問い合わせ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。ぜひフォローしてください!
@nissy421