ブロガーとして、クラウドソーシングとどう向き合っていくべきか

coffee & pen

ボクは、ブロガーだ。そして同時に、他のメディアで文章を書くWebライターでもある。

なんてかっこよく言ってはみたものの、Webライターとしての稼ぎは今のところほとんどない。待っていてもライティングのお仕事なんて滅多に入ってくるものではないし、気が向いたときにランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで目ぼしい仕事に応募して受注しているのが実情だ。

そんなボクが感じている、ブロガーとしてのクラウドソーシングとの付き合い方。ブロガーは、ランサーズやクラウドワークスを通したWebライター業とどう向き合っていくべきなのか。

ブロガーがランサーズやクラウドワークスでライターをやるメリット

文章を書く練習になる

ランサーズやクラウドワークスでは、初心者向けから上級者向けまでさまざまなライティングの仕事が紹介されている。その中から自分の好きなものを選んで応募し、仕事を受けることができる。

文章を書く練習なんて言ってしまうとクライアントに失礼だが、お金を貰いながらブログ以外にも文章を書く機会を手軽にもてるのはクラウドソーシングの大きなメリットだ。

自分の文章でお金を稼ぐ喜びを味わえる

ランサーズやクラウドワークスでは、実績のないはじめのうちに受注できるのは1文字1円以下の非常に単価の安い仕事ばかりだ。だけれども、とくにブログでお金を稼いだことがない人にとっては、自分の文章がお金に変わる喜びを経験できるのは貴重だ。

それに、何でも好き勝手に書けば良いブログとは違って、ダメな文章にはクライアントから容赦なくダメ出しが飛んで来るので、お金になる文章とはどんなものなのかという感覚を掴むことができる。

お金を生む文章を書ける能力が高いことの是非を問う議論はひとまず置いておくとして、自分の文章の金銭的価値を知ることができるのは、クラウドソーシングのメリットだ。

フリーランスとしてのビジネス感覚が身につく

クラウドソーシングに限らず、Webライターの仕事をはじめるとクライアントとのやり取りが発生する。メールや電話がほとんどだが、ときには相手方の企業に出向いて打ち合わせをすることも。

会社員と違って誰も守ってはくれないので、しっかりとしたビジネススキルやリテラシーをもっていないと相手に舐められてしまう。良いように扱われたり食い物にされてしまうこともあるだろうし、失敗や痛い経験を通して自然とプロ意識を養うことができる。

ブロガーがランサーズやクラウドワークスでライターをやるデメリット

ブログを書く時間が減る

ひとつひとつの仕事の単価が低くても、クラウドソーシングでバシバシ仕事を受けていると結構まとまったお金になる。ほかの仕事をしないで1ヶ月ひたすらライティングばかりやったときには、ボクも10万円以上の収入を得ることができた。

ただしWebライター業ばかりやっていると、ブログを書く時間がほとんどなくなってしまう。クライアントによってマチマチだが、ランサーズやクラウドワークスのWebライター業は書くだけが仕事ではない。

提案されたキーワードについて事前に調査したり、WordPressなどのツールに入稿して太字や引用、段落付けなどの簡単な編集を行ったり、文中に挿入する適切な画像を探すこともある。書くジャンルだって自分の興味のあるモノばかりとは限らないので、テーマによっては完成までにかなり時間が掛かる場合もある。

Webライター業をはじめる前は仕事のジャンルを統一することはメリットだと感じていたのだが、文章を書く仕事をした後にさらに文章を書くというのは結構しんどいのだ。よっぽど書くのが好きでなければ仕事としてブロガーとライターを両立するのは難しいだろう。

ブログに書くネタが減っていく 

ライターの仕事をしていると、ふと”この記事をブログで公開したら絶対おもしろいのになあ”ともったいなく感じてしまうことがある。もちろんそんなことはしないけれども、いい文章が書けるとブログのために出し惜しみしたくなってしまうのだ。

ライティングを発注するクライアントはメディア企業やアフィリエイターが多いのだが、こちらが文章を書くプロならむこうはネタを出すプロ。企画あっての文章なので、それを転用するなんて言うのは絶対にあってはならないことだ。

そういうもどかしさに耐えて割り切って書かかなければならないのも、Webライター業のデメリットかもしれない。

名前が出せないと消耗する

ランサーズやクラウドワークスのライティングには、長期的なプロジェクト型や単発のタスク型などのタイプの仕事があるのだが、いずれにしても、名前を出して書ける記名記事の仕事は少ない。多くのクライアントが求めているのは質が高くて原稿料の安いコスパのいい文章であって、あなた自身にはほとんど興味がないからだ。

サービス内での評価が高まるとはいえ、名前を出せない仕事は小銭と引き換えに時間ばかりを消耗する。

たとえばなのだけれども、ボクは以前こんな経験をした。

ブログ経由で、メディアで文章を書くライティングのお仕事を受ける機会があり打ち合わせに出向いたのだが、いざクライアントと話してみると、ブログ以外で書いている記事を見たいという。当時のボクが書いていたのはたとえば出会い系の攻略記事や格安SIMのアフィリエイト記事など。いずれも無記名記事だったし、とてもクライアントに見せられるようなレベルの文章ではない。

それだけが要因ではないのだろうが、結局その仕事はポシャってしまった。こういうときのために、受ける仕事は慎重に選ぼうと肝に銘じたのは言うまでもない。

ブロガーとして、クラウドソーシングとどう付き合っていくべきか

結局、ブロガーはランサーズやクラウドワークスなどのWebライター業とどう向き合っていくべきなのか。

“お金ではなく名前を売り、社会的評価を得るためにクラウドソーシングを活用する”というのがボクの答えだ。

だから、クラウドソーシングを通して受けるライティングの仕事は実績として人に紹介できるかどうかを基準に選ぶ。記名記事がベストだし、自分の正義に反する記事や単にGoogleで上位表示させるためだけのアフィリエイト記事は書かない。

もちろんそういった仕事は少ない。クラウドソーシング上で探すのは大変だろうし、もし見つかったとしても、サービス上での実績がないと他のライターに競り勝って仕事を受注するのは相当ハードルが高いだろう。

しかし、そこで安易に妥協して適当な仕事を受けるのは、長い目で見ればデメリットでしかない。それが将来の自分にとって本当に役に立つ仕事なのか、よく考えた上でクラウドソーシングと付き合っていきたい。

おしまい。

ABOUTこの記事をかいた人

ニシムラ・ケイイチ

ブロガー | Webライター | 九州男児 | 立教大学中退| 好き→猫、旅、読書 | 趣味で文系エンジニア | 夢はおっぱい | 童顔だけどオッサンだもの | 美しい言葉や素敵な文章が集まる日本一のブログを目指して、心震わす珠玉の読み物をあなたに。詳しいプロフィールやお仕事のお問い合わせはこちら⇒ ニシムラ・ケイイチのプロフィールとお問い合わせのページ