今日はまず、ひとつブログをご紹介。

https://bloodymike.com/ny/

ブログ仲間のまいくさんが、ニューヨークのタイムズスクエアで年越しカウントダウンに行ったときの体験談。

オムツが必要なくらい過酷なイベントみたいです(笑)

こういう記事って実際に体験した人にしか書けませんから、独自性があって希少価値が高いですよね。

ブログを書くときに、自分のブログ(記事)がどんなタイプの価値を提供できるのかを考えると、記事がより読者に刺さりやすくなります。

一例をあげますね。

  • 即時性・・・情報の早さで勝負

  • 網羅性・・・情報のボリュームで勝負

  • 権威性・・・資格や学歴、職歴を活かしたポジショントークで勝負

  • 独自性・・・独自の視点や企画力で勝負

  • 希少性・・・絶対数の少なさやニッチな土俵で勝負

ほかにも価値の種類はありますし、提供できる価値はひとつだけとは限りません。

よく、芸能人の日記は読まれるけど、一般人の日記は読まれないといわれます。

芸能人の日記には、芸能人というポジションによる権威性や独自性、希少性がありますが、一般人にはそれがないので読まれないわけです。

それでは何もない一般人はどこで勝負するのがいいのか。

権威性や独自性・希少性は参入障壁は高いですが、一旦ポジションを獲得すればライバルは少ないですね。

逆にライバルは多いけど労力のみで戦えるのは、即時性と網羅性です。

もちろん業界人じゃないと知れない情報みたいなものもありますが、iPhoneの情報を誰よりも早く出すとかサボテンについて誰よりも詳しく書くなんていうのは努力のみで達成できる可能性が高い。

拙文ですが、私のブログで網羅性を意識して書いたのがこちら。
https://keiichinishimura.com/wordpress-theme-dictionary/

簡単に作っているようにみえるかもしれませんが、ひとつひとつ特徴を調べるのはもちろんサポートに問い合わせたり使用できるものは実際に使ってみて、画像や素材を用意して・・・

とにかく恐ろしいくらい時間が掛かっています。

知り合いのライターさんに「あれはさすがにやりすぎじゃない?」といわれたことがあるのですが、まさにそう思わせるために書いているんですよ。

ああ、これは敵わない。

こいつと勝負したら面倒くさそうだ。

と、ライバルが諦めるくらいのボリュームを目指して作りました。

実際、日本製のWordPress有料テーマについてこの記事以上に網羅的にまとめている記事は見たことがありませんし、労力が掛かりすぎるのでマネしようとする人もまずいないと思います。(法人が参入するにはニッチすぎてコストが見合いません)

ちなみにこの記事は頻繁にアップデートされていて、提携の話を進めている新しくできたブランドのテーマを30個ほど近々投入する予定です。

もちろんただ情報を羅列するだけではダメです。ユーザビリティを網羅性の犠牲にしてはいけません。

しかし初心者でも取り組みやすいのは、網羅性や即時性で価値を提供する記事なのは間違いないです。

ぜひチャレンジしてみてください。

※この記事は、2018年12月6日に発行されたメルマガのバックナンバーを、ブログでも読みやすように編集し掲載しています。メルマガ(無料)の購読は下記よりお申し込みください。