こんにちは!西村(@nissy421)です。

先に1点、面白そうな企画の情報があったのでシェアします。(月収200万円以上稼ぐサイトアフィリエイターさんが、無料でサイト診断をしてくれるそうです)

https://twitter.com/KYOKO_Affiliate/status/1065168116672589824


登録者数200万人を誇る人気YouTuberのラファエルさんという方がいるのですが、ちらっと動画に写った自宅のリビングのテーブルにYouTube関連の書籍が山積みになっていたんですよ。

『人気YouTuberになる方法』みたいなタイトルの本もあって、出演者の方に

「これ勉強になるんですか?」

と聞かれて、ラファエルさんは

「無いですよー」

「でも、YouTubeに関してボクより詳しい奴は一人もいないですね」

と冗談っぽく答えていました。

この動画を見ているときに、学生時代のあるエピソードを思い出したんです。

当時ガチで人気予備校講師を目指していた私は、週7で英語の授業をする傍ら、ある英語講師のアシスタント(弟子)もやっていました。

先生の事務所へ通って書籍やテキストの校正や資料集めなんかをやりながら、間近で仕事を学ばせてもらっていたんですね。

当時すでに3冊本を出版している人気講師でしたが、今ではTVやラジオにも出演して業界で知らない人がいないほど有名になり、すっかり手の届かない存在になってしまいました。

先生の思考や行動には非常に影響を受けたのですが、中でも衝撃的だったのがその読書量。

めちゃくちゃ忙しい人なのに、英語学習関連の新刊書をほとんどすべてチェックしているんですよ。

事務所に行く度にところどころマーカーが引いてある本が山積みになっていて、私はそれを必死にパソコンに打ち込んでいました。

先生は下積み時代に約10年間九州の名門予備校に出講していたのですが、往復の飛行機の中で10年読書を続け2000冊以上読んだんだとか。

尋常じゃないですよね。

学びの媒体は本だけではないですが、結果を出している人ほど現状に満足せず猛烈に勉強をしているということがわかるエピソードでした。

私ももっともっと勉強します。


余談ですが・・・

実は私が予備校講師を諦めたのは、先生と自分のあまりの差にショックを受けたからなんです。(そのまま人生の目標を失って大学も中退してしまいました)

今でも先生のことは尊敬しています。

あのまま英語講師を続けていたら、もしかしたらそれなりの講師にはなれたかもしれない。

でもあの人がいる限り自分はトップには立てない。

ここは自分が輝ける道ではない。

そう確信してしまったんですよね。

クソダサいエピソードですが、今ではいい思い出です。

それでは、今日も笑顔でがんばりましょー!

※この記事は、2018年11月22日に発行されたメルマガのバックナンバーを、ブログでも読みやすように編集し掲載しています。メルマガ(無料)の購読は下記よりお申し込みください。