10年先も生き残る、愛され続けるWebサイトの構築論 / 情報サイトでオーソリティーを目指そう!

情報サイトでオーソリティーを目指そう!

10年先も生き残る、愛され続けるWebサイトの構築論

 久しぶりに、大変おもしろい本を読んだ。Webサイト運営者のa-ki氏が書いた『情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論』だ。わずか60ページの電子書籍だが、ぎゅっと濃縮された独自のWebサイト構築論が詰まっている。

 オーソリティー(authority:権威)を目指すとは、特定の分野で「この分野ならこのサイト」と言われるような権威のあるWebサイトを作ること。a-ki氏は「a-ki’s factory : ブルースとアコギと初心者のためのギター講座」というサイトを運営しているのだが、西暦2000年に開設され年に数回更新されるだけのこのサイトは、16年以上経った今でも月間50万以上のPVを獲得している。そんな魔法のようなWebサイト運営の鍵を握るのがオーソリティーなのだ。

 最近はブログが流行っていて、昔ながらのホームページはすっかり廃れてしまったように見える。たしかに記事を簡単に投稿することができ勝手にカテゴライズしてくれるブログは、HTMLで1ページずつ作らなくてはならないホームページよりずっと楽だ。

 しかし、ブログというのは常に更新し続けないとファンはすぐに離れてしまう。リピーターがつきにくいので、TwitterやFacebook、Instagram、あるいはメルマガやLINE@などを使ってこちらからアプローチするわけだ。バズによって一気に人を呼び込むことも必要になる。

 a-ki氏が提唱するオーソリティーサイトは、こういったブログとは一線を画す。SNSやバズに頼るのではなく、ファンが繰り返しサイトを訪れる仕組みを作ることで、リピーターが増え、結果的に検索エンジンからも評価され、10年経っても愛され続けるわけだ。

 オーソリティー化しやすいテーマの選び方から、フロー情報とストック情報の使い分け方、さらに読者が繰り返しサイトを訪れる仕組み(=ツール)の作り方など、ブログ運営にも大変役に立つ情報が余すところなく書かれている。

 またブログを運営している人がすぐに始められるミニサイトを構築するための方法論や、マーケティングの競争理論である「ランチェスター戦略」をサイト運営に応用する方法などについても書かれていて、たった60ページなのに、読み終わったあとに何とも言えない充実感に包まれた。

 ボクは「すぐに役立つ情報より、いつまでも愛される読み物を」というコンセプトを持ってブログを運営していて、だからこそ古風をメインテーマにしている。以前はTVドラマのレビューや話題のニュースを扱ったりもしたが、すっかりやめてしまった。芸能やトレンドはたしかに一時的なアクセスは稼ぎやすいが、廃れるのも早い。読者を煽ったり炎上によってバスを狙うこともしたくない。

 アフィリエイトを主眼にしたブログやサイト運営は、一時的には稼げるかもしれないが消耗も早い。不毛なアフィリエイトサイトより、時間の淘汰に打ち勝つ息の長いサイトを作りたい。

 そんな風に感じていたボクにとってはまさに目からウロコで、感動を覚えるほど新鮮な内容だった。実ははじめカフェで読んでいたのだが、途中からサイトの構想でワクワクが止まらなくなって駆け足で家に帰ってきてパソコンを開いたくらい。今ブログを書いていて、もっと安定したアクセスを獲得したい人や、ブログのスピンオフとしてミニサイトをはじめてみたい人にも文句なくおすすめしたい一冊だ。

『情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論』a-ki[著] (2016, kindle)

————————–
ニシムラ・ケイイチの詳しいプロフィールとお問い合わせはこちらからお願い致します。
お問い合わせ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。ぜひフォローしてください!
@nissy421

ABOUTこの記事をかいた人

ニシムラ・ケイイチ

ブロガー | Webライター | 文系エンジニア | ブログ:3.4万PV/月 | アフィリ: ASランクゴールド | 九州出身 | 立教大学中退 | fav:猫、読書、歴史、文学 | 言葉を大切に、あたたかい文章を届けます。