逃げるは恥だが役に立つ 第8話のあらすじ・感想・次回予告

こんにちは!日本一変なプロブロガーのにしむら けいいち(@prblggr)です。

「逃げるは恥だが役に立つ」の第8話が終了しました。

よかったー!!

みくりが実家に帰ってどうなるかとヒヤヒヤしたけど、本当によかった。

それでは、さっそく「逃げ恥」第8話のあらすじと感想をおはなしします!

ネタバレ注意

「逃げるは恥だが役に立つ」第8話のあらすじ

平匡(星野源)に拒絶されたことにショックを受けたみくり(新垣結衣)は、次のハグの日の夜、突然実家に帰ってしまいます。

ふつうに振る舞おうとするものの、なにをしていてもあの夜の記憶がよみがえり、みじめな自分に耐えられなくなってしまったみくり。

バイトも部活も学校も休んだことのないマジメなみくりは、翌日以降の食事を用意し、職場放棄の準備を万端にして平匡の部屋を飛び出します。

久しぶりに帰った実家では、足を骨折して動けないみくりの母(富田靖子)に代わり、父(宇梶剛士)が慣れない家事に悪戦苦闘していました。

みくりは、母や義理の妹の姉(富田靖子)、バツイチで一児の母である親友の安恵(真野恵里菜)をまじえて家事をしない男性やはたらく女性の育児について談笑するうち、契約結婚をしてお給料をもらって家事をしてきた自分自身のこれからの生き方について思いをめぐらすことになります。

「・・・くたびれてしまった。自尊感情の低い平匡を好きでいることに。

拒絶されても平気なフリで、笑い続けることに・・・」

一方の平匡は、みくりがいなくなったことで、心にぽっかりと穴が空いてしまいました

ただみくりとの平穏でしあわせな生活をつづけたかっただけなのに、自分の不用意な言動でみくりを傷つけてしまった自分へ憤慨し、すっかり落ち込む平匡。

そんな中、日野(藤井隆)や沼田(古田新太)に飲みにさそわれしぶしぶ顔をだすと、恋のライバルである風見(大谷亮平)に、追い打ちをかけるようにみくりのことでキツい皮肉をいわれてしまいます。

平匡は「僕とあたなじゃ根本的にちがうんです」と怒りをあらわにし、そのまま酔いつぶれてしまいました。

しかし風見との一件で、自分が「自分」ばかりを見ていて、みくりのことを見ようとしていない、みくりの気持ちをまったく考えようとしていなかったことに気づきます。

家にかえり、冷蔵庫を開ける平匡。

そこには、みくりがひとりになる平匡を気づかい残していったたくさんの料理がありました。

「どんな思いでこれをつくったんだろう。どんな思いでここを出ていったんだろう。

あのときみくりさんは、どんな思いで・・・」

そして平匡はみくりに電話をして、自分の気持ちを洗いざらい正直にはなしました。

「僕は女性経験がありません。

それでもいいと思って生きてきました。

だけどあの夜、まっさきに思ったことは、失敗したらどうなるだろうって。

10歳も年下の女性にリードされる情けなさもあったと思います。

拒絶されたみくりさんがどう思うかということは、まったく頭にありませんでした。

ごめんなさい・・・」

そしてみくりは、拒絶されたことはすごくショックだった。

だけど、このまま終わるなんてイヤ。もう一度ちゃんと話をしたいと、平匡のもとにかえることを決意します。

こうして離婚の危機をのりこえたふたりの気持ちの距離は、いっそう近づいたのでした。

「逃げるは恥だが役に立つ」第8話の感想

久しぶりにハッピーエンドで物語が終わりましたね。

みくりと平匡が無事に仲直りしてホントによかったです。

フィクションなのに、まるで自分のことのようにうれしい。

ドラマをみながら、心に残ったシーンと、それについて考えたことをまとめておきます。

新しい家族の形が求められている

実家に帰ったみくりが、母や親友たちとはたらく女性の育児について話し合っていました。

「いっそ高校生のうちに子どもを産めばいい」

なんていう突飛な意見も飛び出しましたが、あながちまちがいではないのかもしれません。

高校生で子どもを育てることの是非はともかく、現代社会がかかえる大きな問題は、女性の社会進出によって、旧来型の「家庭」という構造が、社会にフィットしなくなってしまっていることです。

昔は、男がはたらき、女は家庭をまもる。

男は社会のためにはたらき、家庭はすべて、家長たる父親の仕事のためにはたらく。

それが、古き良き時代の健全な家庭の姿でした。

良い悪いではなく、それが当時の常識だったんです。

しかし20世紀にはいって、資本主義国家である日本の社会構造は大きく変わりました。

女性が社会のためにはたらくことが常識となった。

社会が変わったのに、昔とおなじ「家庭」を維持しようとする。

もっとわかりやすくたとえるなら、任天堂の3DSやWiiUのハードに、初代ファミコンのソフトを突っ込もうとしているようなもの。

うまく機能するはずがないんです。

だからこそ、元来の家庭構造を無理やり社会にフィットさせようとするのではなく、家庭構造そのものを変える必要があると思います。

運命の相手なんていない。運命の相手にする

みくりの母が、こんなことをはなしていました。

「(お父さんのこと)愛してるわよ。お互いに努力して。

運命の相手なんていない。運命の相手にするの。

意志がなきゃつづかないのは、仕事も家庭もおなじじゃないかな」

とってもステキな言葉ですよね。

「星の王子さま」ってご存知ですか?

フランス人作家のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが書いた、世界中で翻訳され、読みつがれている物語です。

僕がはじめて英語で読んだ本なのですが、示唆に富んでいて、読むたびにあたらしい発見のあるおもしろい本です。

それで、みくりのお母さんの言葉を聞いて、星の王子さまのある一節を思い出したんです。

It is the time you have wasted for your rose
that makes your rose so important.

(大切なのは、あなたのバラのために費やした時間だよ。その時間が、あなたのバラを、あなただけの特別なバラにするんだ)

先日、たまたま「しくじり先生」というTV番組でオリエンタルラジオの中田敦彦さんが紹介されていたのですが、この言葉には、みくりのお母さんがいったことと、おなじ教訓がふくまれています。

バラは、あなたの恋人かもしれないし、子どもかもしれないし、あるいは仕事かもしれない。

対象はちがっても、一緒に過ごした時間が、その愛を深めていく。

愛情にかんする、とてもとても大切な教えです。

自分のことしか考えてない人に、なんて言えば正解なんだろう

平匡のライバル 風見が、酔いつぶれた平匡を自宅までおくる車の中で、百合(石田ゆり子)にこんな話をします。

昔からモテていた風見は、中学生のとき、はじめての彼女ができました。

彼女はどちらかというと、地味な女の子。

風見は彼女のことが大好きでした。

ところがある日、彼女から別れを告げられます。

「風見くんといるのが辛いの。

風見くんは、かっこよくて、スポーツもできて、女子にも人気で。

わたしは地味でかわいくないし、なんであのふたりがってみんなに言われて。

…風見くんにはわかんないよ!わたしと風見くんは、全然ちがうんだもん」

ここで回想がおわり、風見はつづけます。

「そんなこと僕には関係ない。彼女が自信を持てないことは、彼女の問題なのに。

あなたにどれだけ拒絶されても、あなたのことが大好きだよって言ってあげればよかったんでしょうか。

むこうは僕の気持ちなんか考えちゃいないのに。

自分ばかり見ている彼女に、なにを言えばよかったんでしょうか」

後部座席でこっそりこの話を聞いていた平匡は、みくりの気持ちと向き合うことができたんです。

僕、彼女の気持ち(=平匡の気持ち)が痛いほどよくわかるんですよ。

昔、おなじように、当時付き合っていた女性を拒絶してしまったことがあるんです。

以前、恋愛メディアの「らぶまじぱ」に寄稿させていただいた記事に、そのときの話を書きました。

もし興味のある方は、そちらを読んでみてください。(自分で言うのもなんですが、読んでいてムカムカする、重たくて暗〜い話です笑)

来週の「逃げるは恥だが役に立つ」第9話の予告

第9話の予告をちょこっとご紹介。

別居状態から脱出し、津崎(星野源)と二人で過ごす日々の幸せをかみ締めるみくり(新垣結衣)。その反面、積極的になりはじめた津崎の態度に微かな疑問を抱いていた。

ある日、津崎の会社では、不況の影響により社員のリストラが噂され、沼田(古田新太)が何やら怪しい動きをとりはじめる。そんな中、津崎と風見(大谷亮平)の前に、超ポジティブな取引先のOL・五十嵐安奈(内田理央)が現れる。ドライな性格の風見に対しても積極的な杏奈は、みくりに、津崎への思いもよらぬ疑惑を抱かせるのであった。

一方、恋愛を忘れ仕事に一生懸命に生きていた百合(石田ゆり子)だが、ここに来てまさかのモテ期到来!?かねてより“イケメン”というだけで毛嫌いをしてきた風見にも少しずつ心を開き始めているようだが…。【引用】あらすじ|TBSテレビ:火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

一難去ってまた一難(笑)

次回はどんなムズキュンがまっているんでしょう?

来週もたのしみですね!

まとめ

本日は、「逃げるは恥だが役に立つ」第8話のあらすじと感想をお送りしました。

ちなみに「TVer」という民放公式動画アプリで、放送終了後から次週の放送まで今回のお話が無料でみられるので、もし見逃してしまった場合はそちらをチェックしてみてください。

また最新ドラマを1話からまとめてみたいなら「Hule」がオススメです。2週間無料キャンペーン中だそうですよ。お見逃しなく!

この記事を気に入ったあなたへ

最後までお読みいただきありがとうございました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebook、はてなブックマークでのシェアをぜひぜひお願いいたします。(シェアボタンは記事の前後についています)

また、僕はブログ以外にも、TwitterFacebookもやっています。

ブログの更新情報や、ブログ運営に役立つ情報、僕の近況なども配信されていただきますので、よければフォローをお願いいたします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

逃げ恥だけじゃない!新垣結衣が可愛すぎるおすすめドラマ超一覧!

2016.11.08