逃げるは恥だが役に立つ 第6話 の感想(ネタバレ)

こんにちは。にっしー(@prblggr)です。

いやー、今週もめちゃくちゃおもしろかったですねー、『逃げるは恥だが役に立つ』第6話。

ついに、平匡さんが動きましたよ!みくりとキス。

ズルいよなー。あそこで切っちゃうんだもんな。ムズキュンしすぎて何も手につきません(笑)

ガッツリ、ネタバレいたします。

『逃げ恥』第6話のあらすじ

ざっくりあらすじをおさらいすると、

恋人になることが決定して、ハグの日も制定した平匡さん(星野源)とみくり(新垣結衣)

なんと今度は新婚旅行に行くことになりました。

温泉旅館についてみると、ツインで予約したはずの部屋はなぜか露天風呂つきのダブルベッドに。

一緒の布団で寝ることになったのですが、ドキドキしすぎた平匡さんはベッドから出て畳で夜を明かします。

旅館にはたまたまみくりの元カレも泊まっていて、青春時代を思い出したみくりは、

いつも自分ばかりが平匡さんにアプローチしていることに気づき、一人で盛り上がっていることにすこし疲れてしまいます。

「もう行動するのはよそう。ただ雇用主と従業員の関係にもどるんだ」

そう決めていたみくりが終着駅について電車を降りようとすると、いきなり平匡さんから手をギュッと握られ、キスをされてしまいます。

物語はここで終了。

えーホントどうなっちゃうんだろう。ドキドキが止まらないよ(*´∀`*)

『逃げ恥』第6話の見どころ

やっぱり今回の一番の見どころは、ガッキーのセーラー姿ですね!

2007年に放送されたドラマ『パパとムスメの7日間』でセーラー服姿を披露したガッキーが、9年ぶりに”パパ娘”とまったく同じ制服に袖をとおしたんですが、

10年たったのにまっっったく変わっていないんですよ。

逃げ恥だけじゃない!新垣結衣が可愛すぎるおすすめドラマ超一覧!

2016.11.08
↑『パパとムスメの7日間』については、コチラの記事でご紹介しています。

当時とおなじロングヘアーで制服を着ているガッキーが、むしろパパ娘のときより女子高生っぽくなっているんじゃないかと言うくらい、ホントにホントに似合ってる。

元カレの話もおもしろかったですね!

みくりが高校生のときに、まわりがみんなカップルになりだしてなんとなく付き合ったんだけど、

価値観がちがいすぎてアレコレ言ってたら、

「お前といてもおもしろくない」

とフラレてしまったんだそう。

うーん。

価値観って大事ですよね。

わたしは、ヒステリックな女性がすごく苦手です。

みくりみたいにあれこれ世話を焼かれること自体は好きだし、そういう子とは長続きするんです。

でも、付き合ってしばらくするとギャーって急に怒鳴るようになる子、けっこういるじゃないですか?

そういう子って、付きあう前はたいていおとなしいんですけどね。

「そこじゃない!」とか

「水出しっぱなしにしないで!」

とか、ちょっとしたことでもすごく大きな声で怒鳴られるので、

「どうしてそんなキツイ言い方するんだろう?」

と悲しい気持ちになってしまうし、そういう子とはすぐに別れてしまいます。

ドラマの話にもどりますが、元カレに「男の趣味変わったな」と言われて、

「ちがうよ。気づいたんだよ。」とつぶやくみくり。

そう。みくりは、自分が平匡さんのことを好きだという事実に、気づいてしまったんです。

平匡さんに対する自分の恋が一方通行な片思いだということに。

それで辛くなってしまって、もう自分からアプローチするのはやめようと落ち込んでいた矢先に、

平匡さんからの突然のキス。

いや反則でしょ!平匡さん!

どうしてくれるんだよ、このドキドキ。

『逃げ恥』第6話をみたファンの感想

女性の方は「泣いた」って感想が多かったですね!

そう、それぞれのキャラクターの背景がみえるから、よりストーリーに入り込めるんですよね!

これわかるなー。付き合ってても、つい相手をうたがってしまって、そんな自分に嫌悪したり。

うん。恋愛って奥が深い。

まとめ

今回は

『逃げるは恥だが役に立つ』第6話の感想

をお話しました。

もう中盤ですが、おもしろすぎるので毎週感想書きます^^

ちなみにまだの方や見逃してしまった方は、『TVer』という民放公式動画アプリで放送終了後から次週の放送まで無料でみられるので、チェックしてみてくださいね♪

↓公式サイトに飛びます
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

1話からまとめてみたいなら「Hule」でも全話を配信中です。今なら2週間無料キャンペーン中だそうですよ^^

↓公式サイトにとびます

来週もたのしみですなー♪

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

逃げ恥だけじゃない!新垣結衣が可愛すぎるおすすめドラマ超一覧!

2016.11.08

ABOUTこの記事をかいた人

ニシムラ・ケイイチ

ブロガー。ライター。2016年8月よりブログ「古風礼賛」を運営(3万PV/月)。85年鹿児島生まれ。立教大(文)中退。ブログでは好きな本や映画、グルメなどを中心に紹介しています。書評や飲食店のインタビュー取材、雑誌・Webメディアでの執筆などお気軽にご相談ください。 ⇒ お問い合わせ