大手メディアの編集部で学んだブログタイトルの決め方3つのコツ

プロブロガーの編集術

こんにちは。ニシムラ(@nissy421)です。

今回は、ボクが大手ニュースサイトの編集部で学んだ、ブログタイトルの決め方のコツをお話しします。

ブログタイトルのリライトに必要な3つのスキル「縮める」「隠す」「詰め込む」

ブログを書くとき、タイトルってどれくらい意識してますか?

ブログではタイトルがチョー大切です。

いくらおもしろい記事を書いても、タイトルが悪かったらクリックされません。

かといって、あおりすぎると記事を読んだ読者をガッカリさせてしまいます。

ボクは以前、某ニュースサイトの編集部でアルバイトをしていて、多い日には一日60本ほど、記事のタイトルをリライトしたり要約を書いたりしていました。

はじめは全然書けなかったんですが、毎日毎日書いているとだんだんと、バズる記事とバスらない記事の見分け方やバズるタイトルの決め方のコツがわかってきました。

今回は、その中でも特に大切なリライトのコツを3つご紹介します。

ブログタイトルの決め方のコツ①:縮める

ブログのタイトルの決め方のコツ、1つ目は縮める

ブログタイトルはかならず32文字以内にします。

なぜかというと、Google検索ではタイトルが32文字目までしか表示されないから。

タイトルが途中で切れていると、記事の内容がわからなくてクリック率が下がってしまうんです。

でもタイトルをつけるときは最初から32文字以内を目指すのではなく、はじめは40文字くらいで書きます。

そこから不要な言葉をはぶいたり、表現を変えたりして32文字以内に縮めてください。

短いタイトルを伸ばしたらだめなの?

ダメです。

文字数を増やそうとすると、どうしても不要な言葉をつかってしまったり、冗談なタイトルをつけてしまいがちです。

タイトルをつけるときには、伸ばすのではなく、縮めて精度を高めることを意識してください。

ブログタイトルの決め方のコツ②:隠す

プロブロガーの隠すライティング
ブログのタイトルの決め方のコツ、2つ目は隠す

隠すとはどういうことかというと、例えば

『私がブログを月間100万PVを達成した5つの秘密』
→秘密ってどんなことだろう??

『あの大物芸能人Aに隠し子が!!』
→あの大物芸能人Aってだれ!?

読者が思わずクリックしたくなるように、記事の重要なキーワードをあえて隠すことです。

ただし、いつも同じ隠しワードばかりつかっていると読者さんにあきられてしまいますので、いろいろな隠し方のバリエーションをもつようにしましょう。

内部用タイトルと外部用タイトル

ヤフーニュースやライブドアニュース、エキサイトニュースなど、大手のニュースサイトでは、(サイト内で表示される)内部用タイトルと(Google検索で表示される)外部用タイトルをわけて表示しています。

なぜこんなことをするかというと、内部用タイトルと外部用タイトルではそれぞれリライトの目的が違うからなんです。

内部用タイトルでは、いかに読者が記事をクリックして開いてくれるかが大切です。

だからあえてキーワードを隠したり、激しい言葉であおったりして読者の感情をゆさぶるようなタイトルをつけます。

逆に外部用タイトルは、いかにGoogle検索で上位表示されるかが大切。

だからキーワードは隠さず、タイトルを見て答え(記事の内容)がはっきりわかるような正確なタイトルをつけます。

じゃあブログのタイトルをつけるときは、どっちをつけたらいいの?

ブログのタイトルでは、時間差でタイトルを変えるようにします。

まずはキーワードを隠す内部用タイトルをつけて公開します。

TwitterやFacebookなどのSNSでシェアされやすくするためです。

そして、記事を公開して1週間ほど経ちSNSでシェアされなくなったら、今度は隠さない外部用タイトルにリライトします。

Google検索では、記事を公開してからGoogleに登録されて検索に表示されるのに1週間、上位に表示されるまで2〜3ヶ月ほどかかるんです。

だから外部用タイトルをつけるのは、ある程度時間が経ってからでも遅くありません。

ブログタイトルの決め方のコツ③:詰めこむ

ブログタイトルの決め方のコツ、3つ目は詰めこむ

何を詰めこむのかって、もちろんキーワードです。

ブログのキーワードを考えるときに一番大切なのは、

「読者さんはどんなキーワードで検索して記事にたどり着くんだろう」

とイメージをふくらませてみることです。

読者さんが検索しそうなキーワードを2つか3ついれて、キーワードを中心にタイトルをリライトします。

もしどうしても想像がつかないときは、キーワードツールを利用しましょう。

オススメはグッドキーワード

参考:グッドキーワード

プロブロガーのおすすめツール「グッドキーワード」

こんなふうにキーワードを入力すると、一緒に検索されているキーワードを教えてくれる便利なツールです。

検索ボリュームの推移グラフ(Googleトレンド)も教えてくれるので、より多く検索されているキーワードを選ぶようにしましょう。

そして、重要なキーワードはなるべくタイトルの左側、つまりタイトルの前半に入れるようにします。

重要なキーワードがタイトルの前半にあるほど、Googleで上位表示されやすくなるんです。

3つを意識できるようになったら、あとは練習あるのみです。何度もリライトして、読者さんやGoogleに好まれるタイトルを磨いていきましょう。

まとめ

今回は、ブログタイトルを決めるときには「縮める」「隠す」「詰め込む」を意識するといいよ、というお話でした。

編集やってたときは提携メディアから挙がってくる記事を次々にリライトしていたんですが、時間制限のある中でタイトルをつける練習をするとどんどん表現力が磨かれますよー。

ぜひお試しあれ!

おしまい。

関連リンク

発表!あなたのブログが思わず読まれる記事タイトルのバズ熟語60選

2017.10.15

伝わる文章の書き方!漢字とひらがなの使い分けのコツは小学生に聞こう

2016.11.12

売れる営業マンだけが知っている○○という言葉の魔法

2016.09.24

ABOUTこの記事をかいた人

ニシムラ・ケイイチ

ブロガー | Webライター | 九州男児 | 立教大学中退| 好き→猫、旅、読書 | 趣味で文系エンジニア | 夢はおっぱい | 童顔だけどオッサンだもの | 美しい言葉や素敵な文章が集まる日本一のブログを目指して、心震わす珠玉の読み物をあなたに。詳しいプロフィールやお仕事のお問い合わせはこちら⇒ ニシムラ・ケイイチのプロフィールとお問い合わせのページ